働きマン★

ここ数年、というか社会人になってから
TVドラマというものから遠ざかっていた私が、
今回の新シリーズをなんと2本もかかさずチェックしている。
一つは「働きマン」。
これはちょろっとマンガを読んだことがあったので、
興味があり(配役とか)見始めたのだが、
意外とイイ。
当初は「菅野が主人公かぁ…。イメージと違うなぁ」
なーんて思っていたのに、今や「菅野LOVE」ぐらいになってしまったw
女性デザイナーなんかは、結構共感できるところが多いのではないかな。
ただ実際のところ、出版・編プロやってる人にとっては
「ケっ」ってなるところも多いのかなぁとは思うが。
実際、以前広告代理店だか、デザイン事務所だかの
ドラマがあったけれども、
正直全然共感できなかったし。
ま、しょせんはマンガであり、ドラマなんですがw
もう一つは「3年B組金八先生」。
こちらはもう、ある種イベントって感じだな。
毎度!てな感じでとりあえず見てしまう。
あのドラマは年を追うごとに問題が深刻化していってる気がする。
前回は“中学生と覚せい剤”だったけども、
果たして今回はどんな問題が勃発するのか。
まぁ、そんなわけで、桜中学は毎度毎度問題だらけw
つっこみどころ満載。
とりあえずいつも気になるコトは、
・なんか毎回生徒がはしゃぎすぎ。
(あんなはしゃいでる教室みたことないぞー。)
・なんで荒川の土手を通学中の学生に混じって先生が歩いているのか。
(先生の登校時間おそくね?)
・なんで公立高校なのに、先生たちみんなずっと桜中学なのか。
(んなわけないでしょ。)
・つーかなんで金八は3-Bばっか担任なんだ!!
(ドラマだしね)
エトセトラ。。
と、いいつつ見てしまうんですが。
内容的にはその時代にあった問題が
相当大げさに描かれていて、それこそ
「まじかよー」という感じだが、
それでも、今問題視されているコトがまとめてわかるので
社会勉強にもなるかな、と。
とりあえず“モンスターペアレント(http://ja.wikipedia.org/wiki/モンスターペアレント)”は、
ありえない。
常識が通用しない世の中…。
自分がもし母になったとき、
常識というものが、根本から無い世の中になってしまっていたら…
と思うと夜も眠れません(嘘w)。
いや、まずは母になるのかどうかが怪しくなってきた。
色々考えてしまうお年頃。
悩みはつきませんな〜w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です