っぽいデザイン。

昔ウェブデザインをすこぉ〜しだけやっていた頃、
立体感を出していたのは、ボタンだけでした。
「ここボタンで、リンクあるから触ってね、よろしく!」
という、マークでした。
さらに昔だと、テキストのみのもっと味気ない
サイトばかりだったはずです。
そして現在。
どっちを見ても、どこを見ても、
ツヤツヤプリプリグラデーションのオンパレード。
マウスを乗っけてみたら、リンク無し。
「あ、ここリンクないのか…」というのも有ります。
細かい水玉やほっそ〜いしましまの背景、
なんと言っても、ロゴや見出しにつける
水面鏡のような影(?)。
あれ、なんなんすか!?
Macのインターフェイスが最初なんでしょうか。
それとも、もっと昔からあるんでしょうか。
あと、箇条書きや、見出しの頭にある
三角、矢印、ちっさい四角の集合体などなど。。。
あれ、意味あるんすか!?
で、思ったのが、ウェブサイトって、
「っぽいデザイン。」が大事なのか?という事。
確かに上記の技法を使えば、「WEBっぽいデザイン。」にはなります。
でも、「っぽい」ばっかりで、使いにくいサイトが多数あるのもまた事実。
ガチャガチャと飾りばっかで、どこに何があるのか解りにくく、
必要な情報をなかなか見つけることができません。
見た目は「っぽい」ので、キレイだなぁとつい思っちゃうのですが。
とはいいつつ、ウェブ制作するにあたって、
情報は多いし、構成においてもある程度決まり事の中でやるわけだし、
似たり寄ったりになっちゃうのは解るのですが。。。
(全フラッシュのサイトは別として。)
どーも、作ってると違和感を感じちゃうんですね〜。
記事書きながら、思い出したのですが、
この感じと似てますね。
「入社の面接に来た学生のポートフォリオの作品が、
すべてMacで制作してあり、めーっちゃ金かけてキレーにプリントアウトされてて
大量にファイリングしてある」感じ。
Macで作ってあるので、「っぽく」見えちゃうんです。
でも、よ〜くよ〜く見ると、構成とかレイアウトとか焦点が甘い。
でも「っぽく」って大量にあるから、パラパラめくってると、
なんか良く見えちゃう、みたいな。
でも、そこから個性は見えてこない…。
なんつってー!人事やったことないんですけどね〜(笑)
結局の所、慣れないウェブデザインに
どーしていいかわかんないよーーー、
あたふた、愚痴愚痴・・・・ってゆー事です。
コーディング(中身)も大事、デザイン(見た目)も大事。。。
あら、人間と一緒じゃないの!(笑)

WEBセミナーレポ。その2

さて、WEBセミナーの第二部についてです。
こちらがなかなかよかった!
本当にわかりやすかったです。
第一部の内容は、
HTMLとかCSSっちゅーのはなんぞや、
だったのに対し、
第二部の内容は、
Dreamweaverっちゅーのはなんぞや、
(Dreamweaverの基本〜マークアップからCSSレイアウトまで〜)です。
読み方は、ドリームウ「ェ」ーバーじゃないですよ(笑)
ってとこからの説明です。超初歩!
講師が実際にDreamweaverを動かしている様子が
丁寧な解説とともに画面に映し出されていきます。
フォルダを作って、名前付けて、
うんぬん・・・から始まり、
テキストのみの原稿をDreamweaverに流し込み、
どんどんHTMLの意味付け(「マークアップ」というそうです。
例えば、大見出しはココで、見出しはココで、ここは箇条書きで・・・
といった感じに、それぞれの文字に意味を持たせます。)していきます。
サクサクサクサク・・・・
みるみる、ただのテキストがウェブページっぽくなっていきます。。
す、すごーーーーーい!
そして、Dreamweaverって、便利ーーーーーー!!!!
(今さらw)
こりゃ、一文字一文字コーディングするのが
バカバカしいやっ!ってな具合です。
そして飾り付けの部分ではもちろんCSSが登場します。
こちらもDreamweaverでサクサクと・・・。
まぁ、簡単なサンプルでしたので、サクサクっと
できちゃうのでしょうが、
ゼロからの流れが理解できたので、とても勉強になりました。
もう、DreamweaverとかCSSとか、ダメな学生の決まり文句、
「わかんないところが、ワカンナイ!!!!」状態だったので、
今回のセミナーで、トンネルからやっとかすかに光が見えてきたー!
かも。ってなりました。
後日、その日の実演映像が送られてきたので、
復習もできます。すばらしい!
やはり、ソフト(特に最新の)はちゃーんと勉強して、
使いこなさないとダメよねぇ〜、という当たり前の事を
実感した次第です。
あとは、手を動かす事だけ、って感じですね。
そうすれば自ずと、壁にぶつかるので、
その度に知識は増えるわけで…。
最後に、セミナーで聞いて「おぉ!」と思った言葉。
“1枚の絵にXHTMLとCSSという命を吹き込む作業である”
確かに。
イラストレーターやフォトショップだけでは何の意味もなさない
一枚の絵が、コーディングによって、それぞれのパーツに命が宿る。
っちゅーことですわ。いやぁ、関心関心。
ウェブ、奥が深いです。

WEBセミナーレポ。その1

以前、ちらりと書きましたが、
先日WEBセミナー行ってきました!
大枚2,500円を払ってw
受講時間は全部で3時間。
正直、途中何度も夢の世界へトリップしそうになりましたが、
なんとか完走できました。
さて、内容は二本立て。
第一部は、HTMLとCSSの基本。
第二部は、超初心者の為のDreamweaverの使い方指南。
第一部の内容は、
HTMLとかCSSっちゅーのはなんぞや。
ざっくりとでしたが、色んなソースってこんな意味ぞや。
現在の主流はこれぞや。
ブラウザによる違いはこんなぞや。などなど。
とても衝撃的だったのは、
世の中、Windows ユーザーばっかで、
てことは、ほとんどInternet Explorerを使ってるわけで。
てことは、IEが一番すぐれたブラウザなわけで。
と、勝手に思い込んでいたのですが……。
なんとなんと、そーいうわけではなかったのです!!
あーっと、えーっと。
もしかして皆さん知ってました??
いやぁ〜びっくりしましたね。
すなわち、一番シェアのあるブラウザが
ウェブの世界の基準というかルールみたいなものに、
一番対応してないので、
制作者は、そのワカランチンの為に、
「IE6の時はこーなってね☆」
「IE7の時はこう表示してね☆」って、
個別にコーディングしたりするらしく…。
ブラウザによって表示が変わっちゃうことは
知っていましたが、まさか、IEがねぇ〜。
びっくりしました。
で、ようやくIE8から他のブラウザ
(Firefox,Safari,Operaなど)と同じレベル
(サポートのよいブラウザって言ってました)に
なったそうです。
第一部にてなんとなく
“WEBの世界感”(世の中こーなってるのねってこと)
みたいなものは感じ取れましたが、
結局はHTMLのタグの意味・使い方、
CSSのコード?の意味・使い方をガシガシ覚えて
使って検証して・・・の繰り返しだな、と。
実践あるのみ!ちゅーことです。(わかってるよぉ〜)
ここで、イチからWEBを学ぶ人の為に講師からいただいた
言葉を紹介しときます。

■古い本、古いサイトで学ばないほうがよい
■おすすめの勉強法
 1. Web標準に則した本で体系的に学ぶ
 2. よいWebサイトから、とことん学ぶ
 3. RSSリーダーをつかって、さまざまなブログの情報をチェック
 4. 実際に手を動かしてテクニックを試してみる
 5. 2. ~ 4. を繰り返す

古いものの件ですが、今回受講して
「確かに・・・」と思いました。
私は適当にWEBから検索して、読みやすいサイトを
見つけてお勉強してたのですが、
やっぱり古い。せっかく覚えたものも、
今や主流じゃないし!というのも多いです。
やはり、その手のブログなどを見つけて
最新情報をゲットするのが良いですね。
それが3番のRSSリーダーをつかって・・というやつですが、
私・・・・RSSリーダーの使い方ワカリマセン!!(泣)
いちいちブログへアクセスしてます。
めんどくせー!
さっそく調べなくては…。
あ、誰か教えてくれてもかまいませんw
というわけで、ざっくり第一部のレポでした。
続きはまた後日・・・。