WEBセミナーレポ。その2

さて、WEBセミナーの第二部についてです。
こちらがなかなかよかった!
本当にわかりやすかったです。
第一部の内容は、
HTMLとかCSSっちゅーのはなんぞや、
だったのに対し、
第二部の内容は、
Dreamweaverっちゅーのはなんぞや、
(Dreamweaverの基本〜マークアップからCSSレイアウトまで〜)です。
読み方は、ドリームウ「ェ」ーバーじゃないですよ(笑)
ってとこからの説明です。超初歩!
講師が実際にDreamweaverを動かしている様子が
丁寧な解説とともに画面に映し出されていきます。
フォルダを作って、名前付けて、
うんぬん・・・から始まり、
テキストのみの原稿をDreamweaverに流し込み、
どんどんHTMLの意味付け(「マークアップ」というそうです。
例えば、大見出しはココで、見出しはココで、ここは箇条書きで・・・
といった感じに、それぞれの文字に意味を持たせます。)していきます。
サクサクサクサク・・・・
みるみる、ただのテキストがウェブページっぽくなっていきます。。
す、すごーーーーーい!
そして、Dreamweaverって、便利ーーーーーー!!!!
(今さらw)
こりゃ、一文字一文字コーディングするのが
バカバカしいやっ!ってな具合です。
そして飾り付けの部分ではもちろんCSSが登場します。
こちらもDreamweaverでサクサクと・・・。
まぁ、簡単なサンプルでしたので、サクサクっと
できちゃうのでしょうが、
ゼロからの流れが理解できたので、とても勉強になりました。
もう、DreamweaverとかCSSとか、ダメな学生の決まり文句、
「わかんないところが、ワカンナイ!!!!」状態だったので、
今回のセミナーで、トンネルからやっとかすかに光が見えてきたー!
かも。ってなりました。
後日、その日の実演映像が送られてきたので、
復習もできます。すばらしい!
やはり、ソフト(特に最新の)はちゃーんと勉強して、
使いこなさないとダメよねぇ〜、という当たり前の事を
実感した次第です。
あとは、手を動かす事だけ、って感じですね。
そうすれば自ずと、壁にぶつかるので、
その度に知識は増えるわけで…。
最後に、セミナーで聞いて「おぉ!」と思った言葉。
“1枚の絵にXHTMLとCSSという命を吹き込む作業である”
確かに。
イラストレーターやフォトショップだけでは何の意味もなさない
一枚の絵が、コーディングによって、それぞれのパーツに命が宿る。
っちゅーことですわ。いやぁ、関心関心。
ウェブ、奥が深いです。

「WEBセミナーレポ。その2」への1件のフィードバック

  1. 最後の言葉“1枚の絵にXHTMLと…”…しびれました(◎´∀`)ノ
    またいつの日か、お仕事ご一緒した時、今度はなつきさんがHisaのイラストに命を吹き込む…楽しみにしていますo(*^▽^*)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です