第3回 うみ〜元気プロジェクト@茅ヶ崎:避難訓練編

で、海近に住んでいるもんとして頭に置いておきたい、
「海にいる時、地震と津波がきたらどーする?」ということ。
それを意識してもらう為に毎回避難訓練をやってます。
今回は新しい試み。
「もし、海の中に家族が浮かんでて地震に気づいてなかった時、
陸にいる人が声をかけて聞こえるのかどうか??」というのの検証。
段取りとしては
1.サーファー役が海へ
2.不意打ちで、陸から声を上げる
465_large2
472_large
476_large
3.声かけはじめてから、戻ってくるまでどんだけ時間かかるかをはかり、
 どんな感想をもったかを話し合う。
全然波がなかったからすぐ気づくかと思ったけど
意外と気づかなかったようで。
「じーしーんー!」という言葉も聞き取りにくかった、、、
なんて事も言ってましたね。こりゃおもしろい実験ができたんではないでしょうか。
津波の第一波が3分ほどで来ちゃうと聞きましたが、
女性の方のサーファー役が戻ってくるまで3分くらいかかり。。。
てことは、、、、。ということです。
その後はいつものように、海岸からの避難訓練もしました。
481_s
483_s
490_s
499_s
撮影:菅野政昭
第3回 うみ〜元気プロジェクト@茅ヶ崎:その他編へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です