座る以外のビーズクッションの使い方。

我が家のビーズクッション。
120612_175501

その中には…
120612_175502

何かが…
120612_175601

なべ!
120612_175602

今日はポトフだよ。
120612_175603

イメージはコレ。
Pengi

ポトフだから画が地味でしたが、
カレーなんかだと、わーぉ!ってなります。
昼に仕込んだのですが、まだあっつあつでした。
とりあえずまた包み直して、夕飯まで温めておきます。。

久しぶりにちゃんと。

お昼ご飯を作った。

110328_lunch

【アジア的やきそば】
山芋10センチくらい、
ちょっと白カビきてたしめじ一房、
やきそばの麺、(粉ソース後で何に使おうかな…)
ニョクマム大さじ1くらい、
塩こしょう適当、
砕いたバタピー、
目玉焼き。
麺をやらかくするための水を
入れすぎて中々蒸発せず
麺がやらかくなりすぎたし、
塩気が若干多めだったけれども
まぁうまし。
ピーナツ入れるとぽくなるよね〜。
目玉焼きは多めの油でカリっとさすと
アジア的(と勝手に思っている)。

第二回 『心』

第一回に引き続き、
なぜか一文字のお店が続きます。
本日ご紹介するは、スープカレーのお店です。
店名: 
入店日時:2008年6月11日 13:50
同行者:同僚のKさん
食べたもの:もち豚とほうれん草のスープカレー/Aセット
値段:¥1,130
具:豚肉、ほうれん草、人参、ピーマン、じゃがいも、ベビーコーン、ゆで卵
– – – – – – – – – – – – – – – – – – –
味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆
満腹度:★★★★★
注文に時間かかるよめんどいよ度:★★★★★
– – – – – – – – – – – – – – – – – – –
会社の近くにある、スープカレー屋さん。
お昼時に通りかかると、いつも混雑していて
気にはなっていたのですが、
¥1,000オーバーのランチだというところと、
ドロったカレー好きの自分としては、
サラったカレーにピンとこない…ということで、
なんとなく足を運んでいなかったのです。
が!!
あらやだ。
おいしーーー☆
しかも、
ヘルシーーー☆
ただ若干、注文に手こずります。
辛さを選ぶ(0〜100!)

玄米か白米かを選ぶ(玄米サイコー!)

ご飯の量を選ぶ(小盛り/並盛り/大盛りまで無料。それ以上は有料)

単品かセットか選ぶ(3種類 ランチ・タイムの場合)
《詳しい説明》
といった具合。
初回はかなり、あたふたします。
私は辛さはお店オススメのノーマル「3」を選択。
しかし、ちょいモノ足りず、まだイケル、といった感じ。
とにかく感動したのは、
野菜のゴロゴロ感と、その味。
THE ベジタボーーー!!
じゃがいもが特においしかったです。
Soup_curry
メニューも抱負ですし、辛さの選択も色々できますし、
玄米食べられるし、で、リピート確定。
男性は大盛りにしたほうが、ちょうどいいと思います。
(並は私でもちょっと少ないかも…という量でした)
結構、いろんな場所にあるようなので、
是非足を運んで見てはいかがでしょうか。

第一回 『麺』

突然ですが、グルメレポートです。
記念すべき第一回は、
東京ミッドタウン内にあります
『麺』です。
麺て・・・
また・・・
安易な・・・・
それはさておき。
レポート、レポート。
080401_131301
店名: 
入店日時:2008年4月1日 13:05
同行者:ナシ
食べたもの:麻辣刀削麺(まーらーとーしょー?めん) 
値段:¥880
具:揚げ豆腐、豆もやし、ひき肉、ネギ、とか。
– – – – – – – – – – – – – – –
味:★☆☆☆☆
コストパフォーマンス:★☆☆☆☆
満腹度:★★★☆☆
器の貧相度:★★★★☆
– – – – – – – – – – – – – – –
持ち帰りがメインのようで、
座席は店の片隅に申し訳程度にある
カウンター。
さらに器はプラッチック。
せめて店内お召し上がりの方には
普通の器で出してほしい。
お水のコップも紙コップだし、病院で見かけるような。
で、この値段かよ、と。
味は思ったより、あっさり。
辛いよマークが二つもついてたけど、
全然辛くない。
もうちょっとコク的なものが欲しいところ。
量があまり多くない。
そのせいか、男性リーマン方は
大盛りにしてる率高し。(¥1,000)
余談。香辛料入ってる系の食べ物は、
気管に注意。
変なとこ入ると、大変なことに…。
隣のリーマンさんの咳き込みようは、
筆舌に尽くし難いほど。
しかも一人だと、尚、恥ずかしい。
あぁ、かわいそう…。
割り箸袋をよく見たら、
『CHINA QUICK』(!)
チャイナクイック(中華料理の出前の店)は好きですが、
なんとなくがっかり。
だって、ここ、東京ミッドタウンやん。
さて、第二回はあるのでしょうか。